モーツァルト,声楽,レクイエム,コンスタンツェ,ジュスマイア

声楽作品レクイエム

モーツァルト レクイエム

レクイエムニ短調は、『死者のためのミサ曲』で、モーツァルト最後の作品でもあります。あまりにも早くモーツァルトがこの世を去ったため、作品は未完となり、モーツァルトの弟子であるジュスマイアの手によって完成されました。『三大レクイエム』として、ヴェルディ、フォーレと並んでモーツァルトの名前も挙げられています。

レクイエムの概要

ト声楽作品のレクイエム。簡単に構成を紹介していきましょう。全部で第14曲まであります。

第1曲 入祭唱

ニ短調 アダージョ 4/4拍子 合唱・ソプラノ独唱

第2曲 キリエ

ニ短調 アレグロ 4/4拍子 合唱

第3曲 怒りの日

ニ短調 アレグロ・アッサイ 4/4拍子 合唱

第4曲 奇しきラッパの響き

変ロ長調 アンダンテ 2/2拍子 バス、テノール、アルト、ソプラノ独唱・四重唱

第5曲 恐るべき御陵威の王

ト短調 グラーヴェ 4/4拍子 合唱

第6曲 思い出したまえ

ヘ長調 アンダンテ 3/4拍子 四重奏

第7曲 呪われたもの

イ短調 アンダンテ 4/4拍子 合唱

第8曲 涙の日

ニ短調 ラルゲット 12/8拍子 合唱

第9曲 主イエス・キリスト

ト短調 アンダンテ・コン・モート 4/4拍子 合唱・四重奏

第10曲 賛美の生け贄と祈り

変ホ長調 アンダンテ 3/4拍子 合唱

第11曲 サンクトゥス

ニ長調 アダージョ 4/4拍子 合唱

第12曲 祝福されますように

変ロ長調 アンダンテ 4/4拍子 四重奏・合唱

第13曲 神の小羊よ

ニ短調 ラルゲット 3/4拍子 合唱

第14曲 聖体拝領唱

ニ短調 アダージョ 4/4拍子 ソプラノ独唱・合唱

 

※合唱は全て混声四部合唱。四重奏はソプラノからバスまでの独唱。楽器はバセットホルン、ファゴット、トランペット、トロンボーン、ティンパニ、弦五部、オルガン。

モーツァルトが作ったのはどこまでなのか

作品、レクイエムを完成させないままモーツァルトはこの世を去りましたが、どこまで作っていたのでしょうか。全部で第14曲まであるうちの第1曲と第2曲しか完成させていませんでした。
その他には第3〜7曲、第9曲〜10曲の四声の合唱部分と主要な和声部分と、第8曲の8小節目までがモーツァルトの残していった部分です。
曲の最後を締めくくる第14曲『聖体拝領唱』については、モーツァルトの指示で、第1曲の一部、第2曲のフーガの歌詞を入れ替えたもので、当時のミサ曲としては通常の作り方でした。

レクイエムを補作したジュスマイア

声楽作品・レクイエムを未完のままこの世を去ったモーツァルトの代わりに、作品を補作したジュスマイアでしたが、その完成度には賛否両論でした。
モーツァルトらしくないと不出来を批判されましたが、ベートーヴェンの擁護により、補作したままの作品が演奏されたりしたようです。20世紀に入り、モーツァルトとジュスマイアや他の弟子による筆の区分がされると、モーツァルトの様式に合わない部分を修正して、改良版が出版されたりしました。
イギリスのリチャード・モーンダーの改訂は徹底していて、モーツァルトが関わっていないとして、第11曲と第12曲を全カットし、第8曲に至っては、ジュスマイアの補作した部分をカットして、第1曲のモチーフに代えてしまうほどの徹底ぶりでした。

6種類のレクイエム

レクイエムは、モーツァルト自身は半分も作っていないわけですが、数人の人間が補作をし、最終的にはジュスマイアが補作をして曲を仕上げたわけです。前述の通り、仕上がりには賛否両論があり、何度も改訂されています。現在出版されているものでは、6種類ものレクイエムが存在しています。ジュスマイア版、バイヤー版、モーンダー版、ランドン版、ドゥールス版、レヴィン版の6種類です。この他にも、出版されていない改訂版は数多くあります。

依頼主の陰謀

陰謀と言うには語弊があるかもしれませんが、レクイエムの依頼主、ヴァルゼック伯爵は、音楽家に作曲を依頼し、それを自分の作品として発表するのが趣味としている人物でした。レクイエムを依頼した時、前金として十分な金額を支払っており、残りは完成後に支払う約束でした。モーツァルトがいなくなり、生活に困った妻コンスタンツェはレクイエムの完成をジュスマイアに任せ、完成後、残りの報酬を受け取っています。ヴァルゼック伯爵は、レクイエムを自分の作った曲として発表しましたが、コンスタンツェは手元に楽譜の原盤を持っていましたので、モーツァルトの作品だと主張、伯爵に抗議されるというエピソードも残っています。しかし、言わずもがな、モーツァルトの方が有名でしたので、レクイエムは彼の作品として後世に受け継がれることになったのです。