モーツァルト,噂話,マリー・アントワネット,浪費癖

どんな噂話があったか

モーツァルト 噂話

真意のほどは分かりませんが、モーツァルトにまつわる噂話はたくさんあります。そのなかからいくつか紹介していきましょう。あくまでも一説でしかありませんので、本当かどうかは闇の中です。

モーツァルトの容姿

小学校の時などに、音楽室に数多くの作曲家の肖像画が飾ってありませんでしたか? 教科書などでもモーツァルトの肖像画を見たことがある人もいるでしょう。
スラリとした顔立ちで、天才、神童を思わせる雰囲気を漂わせています。子供の頃の姿で描かれたものが多く、イメージは華奢なイメージさえあります。しかし、本当の顔はこれとは全く違うとも言われています。一説によれば、11歳の時に天然痘にかかり、その跡がいくつもあり、鼻も丸くて目が悪く近眼だったといものです。大人になってからのモーツァルトの横顔の肖像画がありますが、あごは二重あごで描かれ、リューマチを患っていたために背も低く、かなりの肥満だったとも言われています。
モーツァルトなきあとにとられたデスマスクが存在しましたが、妻であるコンスタンツェが落として割ってしまった為に、どんな顔立ちをしていたのか、永遠に謎になってしまいました。

モーツァルトの性格

モーツァルトの性格についても様々なことが言われてきました。明るくてユーモアのある人だと言う説と、楽天的で性格も悪く、浮気性で浪費癖があるとする説です。数多くの曲を作って公演を行っていたにも関わらず、貧困にあえいでいたのはどうしてなのでしょうか。
当時のモーツァルトの収入は、十分すぎるくらいあったようです。現在の価値で言えば、億に近い金額を稼いでいたと言われています。では、どうしてお金に困るようになるのでしょうか。

お金に困る理由

最初、勢いに乗っていたモーツァルトでしたが、徐々に公演を開いても大盛況とはいかなくなりました。収入も徐々に減っていったことでしょう。それにしても、元々十分な収入を得ていた彼がお金に困る理由は? それはやはり浪費癖のせいだと言われています。
身につける衣服も高価なものを好み、現在住んでいる家よりも、もっと立派な家に住みたいと、引越を繰り返したりして、贅沢の限りを尽くして無駄遣い三昧だったと言われています。
それに付け加えて、悪妻と言われるコンスタンツェもかなりの浪費家と言われており、つつましい生活を送っていればいいものを、贅沢な暮らしがしたいためにお金が必要だったのでしょう。収入が少なくなったのであれば、それなりの生活をすればいいのです。

モーツァルトはギャンブラー!?

モーツァルトが貧困にあえいだ理由の一つとしてギャンブル癖も挙げられています。
ボーリングの原点といえる、ケーゲルシュタットと呼ばれる遊び等が大好きだったと言われ、自宅にはビリヤード台が置かれ、トランプゲームや射的、ダーツも大好きで、これらを賭けに使っていたようです。腕前は全然ダメだったらしく、負けが込んで借金も増えたのでしょう。

マリー・アントワネットにプロポーズ

1762年9月、各国を父と共に音楽旅行していたモーツァルトはウィーンを訪れました。6歳の頃です。皇后マリア・テレジアの御前演奏に招かれた際、当時7歳だったマリア・アントーニア(後のマリー・アントワネット)にプロポーズした逸話が残っています。
音楽家グルックから音楽を教わっていたマリー・アントーニアとは年齢も近く、まだ子供で、彼女がどんな地位にいる人間なのかも知らず、当然ながら、この幼い紳士のプロポーズは受け入れられませんでした。後にフランスへと嫁いだマリー・トーニア。マリー・アントワネットとなってからは波乱の人生でした。ウィーンにいたモーツァルトはどう思っていたのでしょうか。モーツアルトがこの世を去ってから2年後に、マリー・アントワネットはギロチンにかけられます。この幼かった二人に、このような未来が待っているとは、このとき露ほどにも思わなかったことでしょう。