モーツァルト,噂話,マリー・アントワネット,浪費癖

生涯に関するお話

モーツァルト 生涯

天才作曲家と呼ばれるクラッシック会の巨匠、モーツァルトの生涯とはどのようなものだったのでしょうか。音楽家の家に生まれ、音楽に囲まれた生活を送り、生涯旅をし続けた彼の人生を追ってみましょう。

幼少期のモーツァルト

1756年1月27日、オーストリア州の一つである、小さな街、ザルツブルグで両親の7番目の子供としてこの世に生を受けました。生まれた日が聖人ヨハネの祝日で、モーツァルトは『ヨハネス・クリュソストムス・ヴォルフガングス・テオーフィルス』という洗礼名でした。金の口のヨハネというのが『ヨハネス・クリュソストムス』、神に愛される者が『テオーフィルス』という意味です。
ヴアイオリン奏者の父親は、彼が幼い時期から音楽の才能があると見て音楽教育を始め、3歳ではピアノの前身のクラヴィーアを弾き始め、4歳の頃にはチェンバロを弾いたそうです。5歳では初めての作曲、『アンダンテ ハ長調K.1a』を作りました。
父親はこの音楽の才能を生かすべく、6歳にも満たない幼いモーツァルトを連れてヨーロッパ各地に同行させました。6歳でミュンヘンとウィーンへ、7〜10歳の間にパリ・ロンドン、11〜13歳では2回目のウィーンを訪れて、オペラ『ラ・フィンタ・センプリーチェ』を上演しています。

青年期のモーツァルト

青年期になったモーツァルトは、変わらず父と共に音楽旅行に忙しい日々を送ります。
ローマのシスティーナ礼拝堂では、秘曲とされていたドメニコ・アレグリの9声部、『ミゼレーレ』を聴いただけで楽譜に書き示したという逸話があります。これに感銘を受けた法王クレメンス14世は、モーツァルトを法王庁騎士として、黄金拍車勲章を与えました。

母との別れ

1778年7月3日、音楽旅行に同行していた母がパリでこの世を去ります。
モーツァルト22歳の時でした。その後ミュンヘンで、後の妻となるコンスタンツェの姉、アロイジアに失恋していまいます。

結婚

1781年25歳の時、宮廷楽団を解雇されてしまいますが、そのままウィーンに残ることを決意します。翌年26歳で、22歳で失恋したアロイジアの妹、コンスタンツェと、父の反対を押し切り8月3日に結婚します。後にコンスタンツェは悪妻としてその名を轟かせますが、それはまた後ほど別の項で詳しく紹介します。コンスタンツェとの間には6人の子供をもうけますが、音楽旅行中に4人がこの世を去ることになります。この頃になると、音楽会を自分で主催するようになり、ピアノ協奏曲を作ることが多くなってきます。

父との別れ

この頃のモーツァルトは、人気ピアノ演奏者・作曲家となっていました。29歳の時には、父がウィーンを訪れ、息子の演奏会の成功を心から喜び、この時、ハイドンから息子であるモーツァルトを絶賛されました。1787年31歳のときには、『フィガロの結婚』が大ヒットし、幼い頃から彼の才能を見いだしていた父はどれほど喜んだでしょう。モーツァルトを音楽家として育て成功させた父も、この年5月にこの世を去ってしまいます。この頃から周囲への借金依頼が頻繁になったと言われていますが、彼の収入はとんでもなく多く、医療費や生活費に使うと言いながら、そのお金の使い道は彼が入会していたフリーメーソンやギャンブルに注ぎ込んでいたとの説もあります。

最期を迎えるまでのモーツァルト

数々の名曲を作り出していたモーツァルトですが、1791年、作曲を依頼された『レクイエム(鎮魂曲)』を未完のまま体調を崩し、この年の12月5日午前0時55分、35歳10ヶ月という短い生涯を閉じることになります。未完成だった『レクイエム(鎮魂曲)』は、弟子のジャスマイヤによって仕上げられ、依頼主へと渡されています。同じ作曲家でもあるハイドンは、モーツァルトの早すぎる最期に驚き、この先100年たっても彼のような天才は現れないと口にしました。この短い生涯の中で数多くの名曲を残して、彼はこの世を去りました。