モーツァルト,ウィーン,ザルツブルグ,クラッシック音楽

モーツァルト

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(Wolfgang Amadeus Mozart)は1756年、ザルツブルグで、ヴァイオリニストの父レオポルト、母アンナ・マリアの第7子としてこの世に生を受けました。数々の名曲を残し、1791年に35歳の若さでウィーンにてこの世を去った、世界的に有名なクラッシック音楽の作曲家です。ウィーン古典派3巨匠として、ハイドン、ベートーヴェンと共に名前を連ねています。胎教などにも良いとされている彼の音楽は、どのような境遇で作られ、現在まで受け継がれてきたのでしょうか。彼の曲は、この世を去って250年以上たった今でも世界中から愛されています。

モーツァルトってどんな人物?

このカテゴリーでは、彼がどんな人物だったのかを探っていきます。
彼自身の事や逸話、両親や家族、「アマデウス」などの代表曲があるサリエリとの関わりなどを取り上げています。よく見る彼の肖像画から伺えるイメージとは違った意外な一面が見えてきます。果たしてどんな人物だったのでしょうか。

モーツァルトの作品

このカテゴリーでは、彼が作曲した作品について触れていきます。
作風を始め、誰もが知っているピアノソナタ第11番「トルコ行進曲」など、代表的な曲を紹介しています。曲名を見て分からなくても、きっと曲を聴けば一度は耳にしたことのある曲ばかりです。

モーツァルトが生きた時代

彼がこの世に生を受け、この世を去るまでの間、日本や世界ではどんな出来事が起きていたのでしょうか。日本での歴史、世界での歴史の代表的な出来事をピックアップして紹介していきます。日本ではまだチョンマゲで笛や太鼓を叩いていた時代に、こうして活躍していた作曲家がいて、公演なども行われていたとはすごいことだと実感させられます。

モーツァルト・ゆかりの場所

彼の35年の生涯の中で、最もゆかりのある地、ドイツ・ザルツブルグ、オーストリア・ウィーンについて紹介します。ここで彼はどんな生活をし、その生涯を閉じたのでしょうか。
モーツァルトの曲を聴くとリラックスできるとよく言われています。このゆかりの地で過ごして作られた数々の曲に思いを馳せてみましょう。